「訊く」ことは恥ずかしい?

「訊く」ことは恥ずかしい?

めったに行かない(行けない)おしゃれなイタリアンレストランで、レディースランチを食したときのお話。

コースのメインにパスタが供されるのですが……。

メニュー表を見ても、「これなんじゃ?」的な名前のパスタソースが盛りだくさん。

「アーリオ・オーリオ」

「カチョ・エ・ペペ」

「アマトリーチェ」

「ラグー・コン・フンギ」

あまりにもよくわからないので(爆)、勘と語感で適当に注文してしまいました。

「料理が出てくるまでのお楽しみ♪」

なんて強気なことを言っていましたが、実際にお皿が運ばれてくるまではハラハラドキドキ。

本当に、なんてスリリングなランチなのでしょう。

よくわからないパスタソースの種類に加えて、パスタそのものにもペンネとかラビオリとかファルファッレとかフジッリとかさまざまな形状があるため、ますますわけがわからなくなってくるという状態。

恥ずかしがらずに、ウエイターさんに訊いてみれば良かったのですが……。

年を取ると、若いころのような謙虚さがなくなるのか、「教えていただく」ということがなんとなく恥ずかしいことのように思えてしまいがちです。

「もうこの年になれば、わからないことなんてそんなにたくさんあるわけじゃないし」

とついつい知ったかぶりをしがちなのは、私だけではないはず……(汗)。

ハラハラドキドキのランチを終えて、所用のために駅に向かい、地下鉄のホームで電車を待っていると、ふいに隣にいたご婦人に声を掛けられました。

「次の電車、各駅に停まりますよね?」

……え?

「急行、って表示があるんですけど……」

ご婦人に指し示された案内表示板には確かに、「東京メトロ千代田線(多摩急行)」の文字が。

「日比谷で降りたいんですけど……停まりますよね?」

私の顔を真剣に見つめながら、詰め寄ってくるご婦人。おそらく私の母より少し若いくらいの年代でしょう。

たぶん、多摩急行が千代田線に乗り入れているということだと思うんですけど……。

というか、各駅停車しない地下鉄というのはあまり聞いたことがないんですけど……。

普段あまりそんなことを考える機会がなく、ごく普通に電車に乗っていた私ですが、あまりにもご婦人の表情が切羽詰まっていたため、だんだん自信がなくなってきました。

……もしかしたら、地下鉄にも「急行」ってあるのかも……。

日々谷には停まると思います、などとしどろもどろで答えながら、久しぶりに額に汗をかいた瞬間でした。

お見合いパーティーサイト

季節のご挨拶

お中元、お歳暮といった「季節のご挨拶」は、今現在どのぐらい浸透しているのだろうと思う。ママ友の間で「お中元に○○をもらった」という話題はほとんど出てこないのだが。

記憶のなかでは、私たちの両親の世代にとって「お中元お歳暮」は一大イベントであった。

商売をやっていたせいもあろうが、時期がくると母親はデパートへ行き、大量のお歳暮を選んでいた。

だいたい3段階ぐらいにわかれていて、それぞれのおつきあいとか立場によって金額帯が変わっていたようだ。

品物の他に、商品券も買っていた。私の楽しみは、一緒にデパートにでかけて長々とお歳暮の買い出しにつきあうと最後にデパートのきれいな喫茶室でパフェやプリンアラモードなどを食べさせてもらったことである。

年に2度、近付くと「そろそろ行かないと。今年もビールとコーヒーでいいわよねぇ」みたいに両親が話していたのを覚えている。

結婚してしばらくも、よく実家へ行っては「お歳暮」のビールや缶詰なんかをもらってきた。それは夫のほうも同じで、そちらでは洗剤なんかをもらうことが多かった。

その私も新婚当時は、仲人をやっていただいた方にはお中元お歳暮をしていた。周囲には両親にお中元などする人もけっこういたのだが、それはどちらの家からも「いらないからね」と言われていたので最初からしなかった。

しかし、うちがサラリーマン家庭ということもあるのだろうが、いつの間にかお中元もお歳暮もしなくなった。仲人さんは10年一区切りということで、それで確かやめたのだと思う。

このごろはデパートへ行っても、昔ほどお中元売り場も混んではいないようだ。

季節のご挨拶という形は悪くないようにも思う。

年賀はがきもそうだが、たとえ形式的になろうとも繋がりを断ち切らないよう、小さな便りで「お元気ですか」と伺うのはいい習慣ではないかとも思う。

ただお中元お歳暮の場合は、そこに商戦がセットされてエスカレートしていたところはあるのだろう。

今もやっぱり商売をしているところなら儀礼的にお中元お歳暮をこなさなくてはならないところもあるはずで、だとしたらそれを「無駄」と考えるむきがあるのも理解できなくはない。

物を贈るという形ではなく、もっと違うメッセージの手段で「お元気ですか」と盆暮れに「ご挨拶」する形があるといいのにな、と思う。